P3212482.JPG

ご挨拶

 もともと音楽とは、 

」を「楽しむ」 ものです。
気分の良いとき、何気にCMソングを口づさんでいたり、特に名もない歌を鼻歌で歌っていたり、そんな自然なものだと思います。

しかし、いざ音楽を「習う」となると、急に身構えてしまい、僕にはできないだろうな…なんて思ってしまう人が多い気がします。

でも、本来は難しいとかそんな次元のものじゃなくて、楽しむものなんですよね。

音楽に触れていくと、 自然と
「もっとこういうのもできるようになりたい!」 
「上手くなったのを、誰かに見てもらいたい!」  
などの思いが出てくると思います。

そうなったら、次のステップに進んでいけば良いと思います。

ドルフィンギター教室では、個人レッスンが主体です。

本人が、一番やってて楽しめる音楽を、まずやってみる! その後、徐々に上達できるようサポートしていければと考えています。

  • iTunesの社会のアイコン
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

My Story

1982 東京生まれ

幼少期から自宅にギターがあったため、自然とギターに触れ始め、14歳から本格的にギターを始める。

Bluesの即興性に惹かれ独学で学びはじめる。その後、ジャズのハーモ二ーの美しさと洗練された即興性に魅了され、18歳の頃からジャズへ傾倒、Macc Music School Jazz Guitar科卒。

コンテンポラリージャズのアプローチを市野元彦氏、Jazz Ear Training、Compositionを橋爪亮督氏(Ts)に師事。

また、クラシックギターを富川勝智氏に師事

ジャズのみならずクラシックギターでも活躍の場を広げ、2015、2016年には2年連続でスペイン、マドリードで開催されたChember art festivalに日本グループとして参加。

2018年にはマドリードにて単独ソロライブも行い、好評をえる。

第一回スペイン音楽国際コンクールでは、3位

第三回スペイン音楽国際コンクールでは国際文化教育協会賞受賞。

またその時に、日本においてスペイン音楽の第一人者、濱田慈郎氏より「最もスペインらしい粋な演奏」と評価をうける。

東久留米ジャズフェスティバル実行委員長

2018年より FMラジオTOKYO854にて「多功の音楽ダンディ」パーソナリティ担当

 

自身のグループ、トリオなどで活動している。

ジャンルにとらわれず、日本の精神性、美的感覚とスペインの音楽、ジャズの即興性の融合を図り、独自のアートを展開している。

2018年自身のグループ Takoh Groupにてオリジナル作品「Still Remains」を発表。